チャイルドシート:種類

チャイルドシートは適応年齢に応じて、新生児から1歳くらいまでの乳児用(ベビーシート)、4歳くらいまでの幼児用、10歳くらいまでの学童用(ジュニアシート)の3つに分類できます。それぞれに異なる特徴があります。

チャイルドシート:種類


チャイルドシート:乳児用(ベビーシート)

対象年齢は新生児から1歳くらいまで。体格的には、体重10kg未満、身長70cm以下。

後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」があります。

日本ではベッド型が多く見られますが、世界的には例が少なく、アメリカでは呼吸系に疾患を持った赤ちゃんや、低体重で生まれた赤ちゃんに使用する特殊なチャイルドシートと認識されているようです。

エアバックが助手席にもついている車は、助手席への取り付けは危険なのでやめましょう。

チャイルドシート:幼児用

1歳から4歳くらいまで。体格的には体重9kgから18kg程度で、身長100cm以下。

首がすわり、自分で座れることが使い始めの目安となります。

前向きに使用するものと、前向き・後ろ向き兼用タイプがあります。

幼児用タイプのチャイルドシートには、生後4ケ月頃から使えるものなどもあります。

このタイプは、種類や使用方法が様々なので、しっかりと取り扱い説明書を読んで使用する必要があります。

 

チャイルドシート:学童用(ジュニアシート)

4歳から10歳くらいまで。体格的には、体重15kg以上で、身長135cm以下。

座面を上げて背の高さを補うことで、大人用のシートベルトをそのまま使用するようにする補助装置です。

お尻の下に敷いて使うタイプと、背もたれがついたタイプがあります。

その他に、乳児・幼児兼用のチャイルドシートや、幼児・学童兼用のチャイルドシートなどもあります。

これらは、チャイルドシートの部位を取り外すことで、子どもの成長に合わせた使い方ができるものとなっています。


HOME | チャイルドシート関連法律 | チャイルドシートの選び方 | チャイルドシートの種類 |
購入するか?レンタル?
| チャイルドシートQ&A
 
Copyright チャイルドシート徹底研究 All rights reserved.