チャイルドシートはなぜ必要?

チャイルドシートは、体が小さいため、車のシートベルトをきちんと装着できない子どもを交通事故から守るための幼児用補助装置です。近年、自動車に乗っているときのトラブルで死傷する子どもの数が急増しています。

やっぱりチャイルドシートは必要?


チャイルドシートを使わずに抱っこしていた場合、約40km/hのスピードで壁に衝突すると、ぶつかる瞬間、赤ちゃんの体重の約30倍の重さが腕にかかります。

例えば、10kgの子どもを抱っこしていた場合は、300kgの衝撃が腕に掛かることになります。小さな赤ちゃんでも、体を支えてあげる事が出来なくなるのです。

大人が赤ちゃんを抱っこして自動車に乗っていてる状態で急ブレーキをかけると、赤ちゃんはダッシュボートに激突したり、車外に投げ出されたりします。

チャイルドシートは、車が衝撃した時の衝突を分散させて子どもの体を守ってくれます。チャイルドシート未使用の場合はチャイルドシート使用の場合に比べ、致死率が4倍以上高くなるそうです。

チャイルドシートは、子どもの安全を守るのに重要な役割を果たします。

平成12年4月1日に道路交通法が改正され、6歳未満の幼児を自動車に乗車させる場合はチャイルドシートの使用が義務付けられるようになりました。

子どもの体格に合ったチャイルドシートをきちんと選び、正しく取り付けることで、自動車に乗った子どもたちを守ることができます。

自分で自分の身を守ることができない赤ちゃんや乳幼児の安全を確保するために、チャイルドシートを着用することは必要なのです。


HOME | チャイルドシート関連法律 | チャイルドシートの選び方 | チャイルドシートの種類 |
購入するか?レンタル?
| チャイルドシートQ&A